農地転用~費用~

農地法のお手続きに関する

料金のご案内

です。

農地法の制度については
→こちらをご覧ください。

農地法お手続き~料金のご案内~

エール行政書士事務所では、
行政書士法第10条の2第1項に基づき
報酬額表をご準備しております。


農地法第4条許可申請

(例・自己所有の農地を宅地に転用)
・・・75,000円+実費(5,000円程度)

農地法第5条許可申請

(例・農地を買い取り、宅地に転用)
・・・ 75,000円+実費(5,000円程度)

農地法第4条届出

(例・市街化区域内の自己所有の農地を宅地に転用)
・・・60,000円+実費(5,000円程度)

農地法第5条届出

(例・市街化区域内の農地を買い取り、宅地に転用)
・・・60,000円+実費(5,000円程度)

農振除外申請

・・・90,000円+実費(10,000円程度)

 

農地相続の届出

・・・30,000円+実費
※名義の変更、相続のお手続きは含みません。

ハウスメーカー様、工務店様、不動産会社様等、
継続してお取引いただける場合は
上記の限りではありません。


注意事項

上記の料金は農地法の手続きに関する費用です。

名義変更(所有権移転登記)、測量、分筆、
地目変更、開発許可にかかる費用は別途必要です。

土地家屋調査士、司法書士等、
必要な専門家をご紹介いたします。

上記の料金は
岐阜県 
多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市
可児市、美濃加茂市、可児郡、加茂郡

の土地についての料金です。

隣地所有者、組合の代表などからの
承諾(押印)は所有者様にてお取りください。
(書類は作成します)

着手後にお客様のご都合で依頼を取りやめた場合、
調査料10,000円及び
それまでに収集した資料の請求にかかる実費
請求させていただきます。

農地から宅地、雑種地へと地目が変わることによって
固定資産税があがることが予想されます。
ご了承の上、ご依頼ください。


(対応地域)
対象の土地が・・・
岐阜県
多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、
可児市、美濃加茂市、可児郡、加茂郡

工務店さん、ハウスメーカーさん、
不動産会社さんからのご依頼
お受けします。

土地家屋調査士、司法書士等、
他の専門家が必要な場合は紹介いたします。

こちらもどうぞ

平成29年1月から農地転用手続きが変わりました。

農地転用許可申請の際
実際に転用計画を進める(家を建てる)
資金力があることを証明する必要があります。

新制度スタート後
平成29年1月
新制度がスタートしてから出た岐阜県からの情報をまとめたもの
→ブログ「続・農地転用と資金の証明」
(今年2月のブログ)

新制度スタート開始時
平成28年末
新制度開始前に出た岐阜県・愛知県からの情報をまとめたもの
→ブログ「農地転用と資金の証明」
(今年1月のブログ)

新制度発表時
平成28年9月に
改正が発表された際に出た岐阜県からの情報をまとめたもの
 →ブログ「農地転用手続きの変更」
(昨年9月のブログ)