事務所を移転して1年になります。

エール行政書士事務所は
昨年の11月に事務所を移転しました。

それまでは、独立した事務所を構えておらず、
民家(私は住んでいませんが)を
事務所所在地として登録をして、
すべてのご依頼を出張にて行ってきました。

この辺りでは、
住まいとは別に、独立して事務所をもつ
という行政書士事務所は少なく、
自宅兼事務所というところが大半です。

ですので、私もそれで良いかと思い、
実家の住所を登録して開業しました。
(さすがに実際に自分が住んでいるところは
 公開したくなかったので)


事業の許可のご依頼であれば
事業所を確認する必要があります。
確認させていただきたい資料も膨大でなので、
私が事業所に出張した方が好都合です。

ただ、個人の方のご依頼の場合、
特に離婚のご依頼の場合・・・

面談に行った先が、
独立した事務所ではなく個人宅であれば、
ご相談者さんは、
入るのに躊躇するでしょうし、
他の家族の気配が気になることでしょう。

ご相談者さんのご自宅でのご面談で、
「掃除しなくちゃ」
「お茶を出さなくちゃ」
などと、悩んでいるご相談者さんに、
余計な負担をかけたくもありません。
お子さんに話を聞かれるのも良くありません。

かといって、喫茶店などでのご面談は、
周りの方が気になりますね。

そこで「どこかに良い事務所を借りたいな」
と思っていたら、ご紹介いただいたのが
現在、エール行政書士事務所が入居する
「コ・ラボ多治見」です。


やはり離婚のご相談で、
事務所を構えたことにより、
これまで以上の質のご面談が
できるようになりました。

ご相談者さんと密室でお話をするので、
ご相談者さんは、周りを気にせず
お話に集中できます。

特に初回のご面談では
私から小さなひとことをかけると、
感情があふれ出して涙するご相談者さんが
ほとんどです。

より深いご面談ができていることを
感じています。


この「コ・ラボ多治見」は、
いくつかの事業所が入居しています。
また、時間・日単位でスペースを借りる
ことができるので、様々なイベントに
利用されています。

起業家さんが集まる場所なので、
エネルギーをもらうことができます。

行政書士業と関わりの深い税理士さんが
同じ建物内にいるのは心強く、
協同受任で仕事の幅も広がります。
それ以外は、まったく違う業種の方ばかりなので、
新しい視点をもらうことができます。

良いメンバーに恵まれ、
楽しくやっております。
良い出会いもたくさんありました。


ご依頼主さんのためにも
自分のためにも、
ここに入居して本当に良かったと感じています。

楽しい1年間でした。

これからも、エール行政書士事務所を、
そしてコ・ラボ多治見を
どうぞよろしくお願いします。

~地図~

女性の子連れ離婚、建設業・運送業・廃棄物など許可関係なら・・・岐阜県多治見市 エール行政書士事務所