いよいよ6月から始まる
建設業の「解体工事業」許可制度。

6月を迎えるにあたり、
先週は「許可制度」についてまとめました。
→解体工事の許可制度について

今週は「経営事項審査」(経審)について

まとめます。

経審でも解体工事業が追加されます。

建設業許可が29業種になったので、
経営事項審査もやはり
「解体工事業」を足した
29業種になります。

経審の評価方法について

経営事項審査は業種毎に点数が出ますが、

その点数は、
A、事業所として計算する部分
 (財務面や社会保障など)
B、業種毎に計算する部分
から成り立っています。

Bの業種が関係する部分としては
①完成工事高
②技術力(技術者数や資格など)

があります。

「解体」の評価を受けようとすると・・・・

解体工事業の経審での点数を上げようとすると、

①これまでであれば
「とび・土工」工事としてあげていた完成工事高から
「解体」工事として工事高をあげることになるので、
「とび・土工」の工事高が減ります。

②1人の技術職員が技術者として
カウントされるのは2業種までなので、

例えばこれまで、
「とび・土工」と「大工」で
カウントされていた技術職員を
「解体」と「大工」で申請すると
「とび・土工」の技術職員数が減ります。

・・・すると、

「とび・土工」の経審での点数が
急に落ちることになってしまうのです。

経過措置として・・・

「解体」のみの点数を上げたい
事業所はよいのですが、

もちろん、中には
「とび・土工」の点数を維持したい事業所も
(たくさん)あるでしょう。
そのような事業所の

「とび・土工」の点数が急に減ってしまうという問題

に対応するため

3年間の経過措置

があります。
(平成31年5月末まで)

①完成工事高について(3年間の経過措置)

工事高を計算する部分について

A、「とび土工」のみ
B、「解体」のみ
C、「とび・土工・解体」

3つの欄を設けます。

要するに・・・

とび・土工にあたる工事が1000万円、
解体にあたる工事が500万円

あったとします。

A、とび・土工・・・1000万
B、解体・・・500万
C、とび・土工・解体・・・1500万円
と3行
書いて

3つの評価を計算します。

経過措置中については、
Cの評価を利用し、
経過措置が終わった平成31年6月からは
AとBの評価を利用することができます。

「解体」の許可を取得していなくても、
経審の申請書類はこのような書き方になりますが、

もちろん、
実際に「解体」で入札名簿に載ろうと思うと、
「解体」の許可を持っていなくてはいけません。

(「解体」の許可取得までは
 「解体」の結果通知が受け取れません)

②技術者について(3年間の経過措置)

上でお伝えした通り、基本的には
1人の技術者が技術職員として
評価を受けられる(カウントされる)のは
2業種まで
です。

ただし、
「とび・土工」と「解体」を選択する場合に限り、
1人につき3業種まで申請することができます。

要するに、
これまで「とび・土工」と「大工」
技術職員として評価を受けていた場合、

「とび・土工」「解体」「大工」の
3業種
で技術職員としてカウントできるのです。

※もちろん「解体」で許可を取った場合の話です。

まとめ

ひとまず3年の経過措置があるので、

「とび・土工の評価を
 急に落とすことになった」

という事態は避けられそうです。

解体工事に対する役割・専門性・期待が
大きくなっているこの流れの中、

この先どのように解体の入札が増えていくかは
蓋を開けてみなくてはわからない部分も大きいです。

しかし、他の事業所がまだ
・解体の許可を取っていない
・解体で入札名簿に登録されていない
という中、

「早く動いた方が得」はあっても
「早く動いたら損」の可能性は
少ないのかなという印象です。

~東濃で金看板とるならエール行政書士事務所~

・業種追加したい

・経審を受けたい

という方は、どうぞこちらまで↓↓

エール行政書士事務所
→お問い合わせ

TEL:0572-28-1428


→「エール行政書士事務所」ホーム


(報酬額の目安)
・業種追加・・・70,000円
・経営事項審査・・・70,000円
 ※過去に2年以上経審を受けている場合
詳しくはこちら↓↓
→費用について


岐阜県多治見市三笠町4-41-2 コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
行政書士 鈴木 亜紀子

TEL:0572-28-1428 

       ※土日祝日もどうぞ。

Mail:yell-office@e-mail.jp


現役シングルマザーで子連れ離婚の専門家
エール行政書士事務所の

→子連れ離婚応援サイト「離婚のおくすり」

現役シングルマザー×カウンセラー×行政書士

エールさんのブログ「離婚のおくすり」

→子連れ離婚の情報満載・ブログ「離婚のおくすり」

→お問い合わせ
→ご相談ネットお申込み