離婚して岐阜県に戻ってきて
こちらで開業して3年になりました。

3年前の私

子どもができてからというもの
仕事からは離れていました。

しかも、専業主婦の私にとって
世界のほとんどであるはずの家庭で
人間関係がうまくいっていませんでした。
(娘とは良い関係を築いていましたが)

3年間で人と接することに対して
自信もなくなっていたので

仕事を始めたころは
人に会うだけでドキドキでした。

元夫と似たような態度をとられてしまうと
自分の中で何かのスイッチが入って
もう帰りたくて仕方ありませんでした。

行政書士業もわからないことだらけで
(修行なしで独立開業なので)
いろいろ不安で、疲れました。

できることなら
うちにこもっていたかったけれど

残念ながら貯金がなかったので
そんな身分ではありませんでした。

ゼロから自営業(しかも製品を持たない
自分が売り物のような業種)をやりました。

1年目

始めの1年は

お父さんか旦那さんが行政書士やってるの?

と聞かれることもありました。

学校を卒業したとき、当たり前に
総合職で就職した私にとっては
驚きの発言でした。

岐阜県の人は総合職の女性を見たことないのか?
と(わりと本気で)思っていました。

でも、それは
周りの人の問題ではなく

自分の問題だった

ということが後々わかりました。

2年目

2年目になったら、誰からも
お父さんか旦那さんが行政書士やってるの?
などと聞かれなくなりました。

2年目によく聞かれた言葉は

彼氏できた?

でした。

※私が「甘えるべき人に甘えられる」
という環境に慣れてしまうと
離婚相談で提供できる価値が半減するので
恋人も旦那さんもいないのですが。

「どうしてですか?」と聞くと
「綺麗になった」とのことでした。

自分では、
お父さんか旦那さんが行政書士やってるの?
発言がなくなったことと合わせて考えると

責任と自信が顔に出るようになった
のだと思っています。

加えて、人に見られる機会も増えました。

女性の美しさは
20代までは先天的なものだが
30代からは後天的なものだ。
(中身が顔に出る)

と言う方もいます。

※私はこれは的を得ていると思います。
※世の中では「男は40すぎたら・・・」とも言いますが。

ちょうど30代になったころでした。

3年目

3年目になると
人から「お話したい」
と言っていただくようになりました。

弊所のご相談者さんに言われるのは
当たり前ですが

そうではなく、業務以外の部分で
「あなたに会いたい」
「あなたと話してみたい」

と言っていただけるようになってきました。

「(人前で)話してほしい」
「書いてほしい」
というお声がけも増えてきたように感じます。

※講演については、現在すべて
有償でお声がけいただいています。
いくら有償とはいえ、
集中力と時間を随分と使ってしまうので
講演については、これからは
もう少し厳選していきたいところです。

3年やってみて

始めは
「3年やって頭角を現せなければ、
 やめて就職しなくては。」

と考えていました。

厄年&後厄のせいか、
はたまた自分の能力のせいか・・・

残念ながら
“頭角を現す” というほどの
レベルには至りませんでしたが

辞めるどころか、3年で
「やりたいこと」が増えてしまいました。

「無理だ」と言われながら、
この仕事を選んだときは

まだ、“家庭が世界のほとんど”
という状態からのスタートだったので

仕事をする理由は
(日々の生活はもちろんですが)

「娘が東京の私立の大学に行くと言っても
 出してやりたいから」

(私自身が親にしてもらったラインです)
でした。

3年間でいろいろと経験させていただき
自分の家庭以外にも
目が向くようになりました。

娘と自分以外のためにも
もっと多くの人のためにも仕事をしたい
と思うようになりました。

「3年で辞める」
「3年でつぶれる」どころか

3年で「やりたいこと」
「仕事をする理由」
がどんどん増えてしまいました。

次の3年はどうなるかしら?
楽しみです。

夏季休業のお知らせとお願い

8月11日(木)~8月16日(火)は
夏季休業
です。

ご協力よろしくお願いします。

TEL:0572-28-1428

Mail:yell-office@e-mail.jp

※期間中、鈴木は電話に出ませんので、
電話に出た者に折り返しのご連絡先を
お伝えください。
※折り返しのご連絡やメールのお返事は
基本的に17日以降になります

緑ナンバー(運送業許可)

金看板(建設業許可)

子連れ離婚

お力になります。


多治見市三笠町4-41-2
 コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
TEL:0572-28-1428 
 ※土日祝日もどうぞ。
Mail:yell-office@e-mail.jp


女性の子連れ離婚なら

現役シングルマザーで
 上級心理カウンセラーで行政書士の
あきこ先生による

子連れ離婚を悩む女性を元気にする

離婚のおくすり

→「離婚のおくすり」

→ご面談ネット予約