超大手・運送業者さんの
値上げや従業員の待遇見直しなどが
話題になっていますが

ここでは
運転免許の観点から運送業のお話を・・・

「準中型免許」の創設

今週(3月12日)から

準中型免許

という新しい運転免許ができました。

運送業界の問題となっていた「中型免許」

ここ何年も
運送業界のドライバー不足
と言われていますが

原因のひとつが平成19年にできた
「中型免許」とも考えられてきました。

一昔前は、トラックドライバーと言えば、
『高校を出てすぐ、なかなかのお金が稼げる職業』
だったかと思います。

ところが平成19年に運転免許の制度が変わり、
「中型免許」という運転免許ができました。

それまでの免許制度は、
「普通免許」と「大型免許」の2種類しかなく
普通免許をとれば
総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の
車まで運転できたのが

「中型免許」という制度ができてから
普通免許では
総重量5トン未満、最大積載量3トン未満
の車しか運転できなくなってしまいました。

そして、この中型免許は
20歳以上運転免許を2年以上もっている人
でなくては取ることができませんでした。

要するに、
平成19年に「中型免許」という制度ができてから
高校を出たばかりの人は
いわゆる「2トントラック」すら
運転できないかもしれない

ことになってしまったのです。

(2トントラックは普通免許の範囲内のものもあれば
 普通免許の範囲外のものもあります。)

トラックドライバーは
『高校を出てすぐ稼げる職業』
ではなくなってしまいました。

これが、
高校新卒で運送業界に就職することが難しくなり
運送業界がドライバー不足に陥った原因のひとつ

と考えられていました。

18歳から取れる「準中型免許」

そこで平成29年3月12日

運転免許の制度が変わりました。

これまでの
・普通免許
 (18歳以上でとれる)
中型免許
 (20歳以上・免許保有2年以上でとれる)

・大型免許
 (21歳以上・免許保有3年以上でとれる)
3種類から

・普通免許
 (18歳以上でとれる)
・準中型免許
 (18歳以上でとれる)

・中型免許
 (20歳以上・免許保有2年以上でとれる)

・大型免許
 (21歳以上・免許保有3年以上でとれる)
4種類になりました。

注目は「準中型免許」が
・18歳から取れること
・これまで免許をもっていなくても取れること
です。

要するに
高校を出て初めて免許をとる人が
いきなり『準中型免許』をとることができる

のです。

小型トラックが運転できる中型免許

運転できる車の制限については

これまでの免許制度であれば、
・普通免許
 (総重量5トン、最大積載量3トン)
・中型免許
 (総重量11トン、最大積載量6.5トン)
  ※20歳以上でなければ取れない
だったのが

これからは
・普通免許
 (総重量3.5トン、最大積載量2トン)

・準中型免許
 (総重量7.5トン、最大積載量4.5トン)

 ※18歳から取れる
・中型免許
 (総重量11トン、最大積載量6.5トン)

 ※引き続き20歳から取れる
となります。

要するに、
18歳で初めて免許をとる人でも
宅配便やコンビニ輸送など、近距離輸送で活躍する
小型トラックを運転できるようになる

ということです。

運送業界の希望に

運送業界の明るい兆し
となるといいですね。


(注意)
平成29年3月12日以降に免許をとった方は
普通免許で運転できる車の範囲が
これまでと違います。
運送業者さんは、
免許を取りたてのドライバーさんを雇うときは
運転できる車の制限に注意してください。

これまでの免許は・・・

ちなみに・・・

平成29年3月11日までにとった普通免許は
自動的に「5トン限定の準中型免許」とみて
引き続き「総重量5トン、最大積載量3トン」未満の
車が運転できます。

新しい「準中型免許」と同じように
5トン以上(7.5トン未満)の車を
運転したい場合は
「5トン限定」から通常の「準中型免許」に
切り替える必要があります。

(運転免許試験場で限定解除の試験に合格するか、
 指定教習所で教習を受けて技能審査に合格する)

~岐阜県で緑ナンバー・黒ナンバーをとるなら~

岐阜県多治見市三笠町4-41-2 
コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
TEL:0572-28-1428 

Mail:yell-office@e-mail.jp

エール行政書士事務所
→お問い合わせ
→「エール行政書士事務所」ホーム


現役シングルマザーで子連れ離婚の専門家
あきこ先生の離婚相談・子連れ離婚の大百科

→「離婚のおくすり」

→お問い合わせ
→ご相談ネットお申込み