子連れ離婚の本

子連れ離婚と子育てに関する本を書きました。

・離婚前に話し合うこと
・養育費とは?
・財産分与とは?
などはもちろん

・母子家庭を支える制度
など、離婚後の生活についても
まとめてあります。

・・・とはいえ、

このようなことは
誰でも(他の人でも)書けます。

このようなことが書いてある本は
他にもあります。

ネットで上手に情報をかき集めてくることも
どこかで聞いてくることも
できるでしょう。

私が子連れ離婚の本を書く意味

今回、出版のお話をいただき、
出版社さんとの初めての打ち合わせのとき

「なぜ私に?」

(離婚を扱っている専門家はいくらでもいる中、
  特に業歴が長いわけでもない私に)

と聞きました。

出版社さんの返答は

「離婚の専門家というだけでなく
 実際に離婚して
 現実にシングルマザーとして生きているから。
 そして、それに関する思いや自分のことを
 発信することができるから。」

(私のサイトを読んでくださっていたので)

とのことでした。

「行政書士が書いた本」じゃなくて

それもあり、
他の人でも書ける本、
情報を集めてキレイにまとめただけの本に
する気はありませんでした。

「鈴木亜紀子」が書いた本

子どもがいたら離婚してはいけないのか?
母子家庭というのはかわいそうなことなのか?

子どもを育てながら離婚を悩み
離婚を考える自分を責めている女性に
伝えたいことを書きました。

子どもを育てる人間として
思うことや伝えたいこと
も書きました。

私自身のことも書きました。
心の狭いところもさらけ出して
心の声を出してしまいました。

時間がかかりました。

普段から離婚の専門サイトで
ブログを発信している私。

ある程度の分量を書くことには
自信があったのですが・・・

ネット上の文章と違って
紙の本になってしまう
(すぐに変えられず残ってしまう)
というのはネット上の文章とは違う
難しさがありました。

出版はペンネームで行ってもいいのですが
私は本名で出版します。

元夫が不機嫌になるのでは?
(まだそんなこと考えちゃう自分が嫌)

お世話になった元夫の実家のご家族が読んで
嫌な気持ちになる表現は入っていないだろうか?

もし娘がこれを読むようなことがあったら?
彼女のアイデンティティを傷つける
記載はないだろうか?

何度も書き直してしまい、
出版社さんにもご面倒をおかけして
お声がけから出版まで
1年3ヵ月もかかってしまいました。

入稿作業中です。

ようやく入稿作業に入りました。

7月末~8月上旬には
お読みいただける状態になるかと思います。

ご興味のある方、その頃に
Amazon で

「子連れ離婚いろは帖」

と検索してみてください。

本の正式タイトルは
長いですが・・・

子どもを育てながら離婚を考えるあなたに贈る
子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~

です。

7月末~8月上旬には
Amazonでお買い求めいただける予定です。

出版記念として
amazonレビューを投稿していただいた方に
「無料電話相談」をプレゼントします。

詳しくはこちら

→出版記念

~現役シングルマザー×カウンセラー×行政書士のあきこ先生の離婚相談~

金看板(建設業許可)

緑ナンバー(運送業許可)

女性の子連れ離婚

岐阜県多治見市三笠町4-41-2 
  コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
TEL:0572-28-1428 

Mail:yell-office@e-mail.jp

エール行政書士事務所
→お問い合わせ
→「エール行政書士事務所」ホーム


現役シングルマザーで子連れ離婚の専門家
あきこ先生の離婚相談・子連れ離婚の大百科

子連れ離婚専門サイト

→「離婚のおくすり」

→ご相談ネットお申込み

シングルマザー×上級心理カウンセラー×行政書士
の鈴木亜紀子が
子連れ離婚のアレコレを綴っています。

出版のご案内

【出版のお知らせ】

子どもを育てながら離婚を考えるあなたに贈る

子連れ離婚 いろは帖

~心から笑える私になるためのヒント~

・・・という本を出版予定です。

実際にシングルマザー生活を生きる母親として
多くの子連れ離婚に携わってきた専門家として

「子どもがいるのに離婚なんて・・・」
「離婚したら子どもがかわいそう?」
「シングルでやっていける?」

と悩むあなたのために書きました。

現在入稿作業中です。
出版は7月末~8月上旬の予定です。


建設業専門のサイトも運営しています。

岐阜県の金看板サポートサイト


エール行政書士事務所

月・火・木・金・土(祝日除く)
9:00~18:00

ご面談は完全ご予約制です。
TEL:0572-28-1428
Mail:yell-office@e-mail.jp