4カ月前(平成29年5月29日)から
相続の新しい制度が始まりました。

法定相続認証制度

という制度です。

(制度自体の認知も低いでしょうが)
制度を知っている方の中でも誤解が多いので
今回は

法定相続認証制度

のお話をしましょう。

登記されない不動産

相続が発生しても

名義人を変えずに放ってある不動産

が多く、問題になっています。

相続が発生して
不動産の名義を変えようと思うと・・・

戸籍など必要な資料を集めて、
遺産分割協議書を作成して、
相続人全員が判を押し

そのうえで、
不動産の名義変更を申請することができます。

相続の権利をもつ人全員の同意のもと
誰が何を相続するかを決めた証明のために、
相続人を確定させるための資料として
戸籍などを集める必要があるのです。

このとき、
相続の権利がある人全員が拾い出せるように
亡くなった方の戸籍を遡って集めます。
お子さんが先に亡くなっていて
お孫さんに相続の権利がうつる場合、
離婚・再婚などがある場合など、
当然、集める戸籍も多く複雑になります。

この辺りでは、
「あんな土地、ほしないて」
「農地ばっかりやで、売れぇへんもん」
「登記も金かかるでなぁ」

というのは、よく聞く話。

ただでさえ、そう思っているのに
相続の手続きが煩雑では、なかなか
「(わざわざ)相続の登記をしよう!」
とはなりませんね。

新しい制度の誕生

そこで、

不動産の相続登記を促進させるために

新しい制度(法定相続認証制度)ができました。

相続手続きを簡略化する

とのことでした。

・・・で、今現実に運用が始まっており、
私も利用してみましたが、
巷で思われているほど簡略化されていない
と感じます。

誤解(期待)と現実

よく誤解されているのが・・・

①戸籍を集めなくてもよくなったんでしょ?

②戸籍を持っていけば、法務局が
相続人の証明になるものを作ってくれるんでしょ?

ということ。

そうではありません。

①相続人を確定させるのに必要な戸籍を全部集めて
②相続人を表した図を作って
③それが正しければ

④法務局が、相続人を表した(自分で作った)図を
 「いい紙」(法務局でとる謄本と同じ紙)に
 プリントアウトして
 「公的な証明」として出してくれる

というものです。

戸籍を集めるところと、

相続人を表す図をつくるところは

自分で行うんですね。

(ちなみに、この相続人を表す図は
「法定相続情報一覧図」と言います。)

もちろん、法務局から出るのは、あくまで
「相続人はこの人たちで間違いありません」
という証明でしかないので、

それだけでは、
誰がどの遺産を受け継ぐことにしたかは
わかりません。

やはり「誰が何を相続するか」を明記して
相続人全員が署名捺印した書類
(「遺産分割協議書」)

がなくてはいけません。

この制度の意義

結局、
戸籍を集めて、相続人を図にするところは
引き続き行わなくてはいけない
わけです。

ここが難しい方は、専門家に頼むでしょう。
専門家が関与すれば登記まで行うでしょう。

自分(個人)でこの制度を利用するような方は
そもそも亡くなった方の名義のまま
放ってはおかないでしょう。

登記をせずに放っておく人が
この制度によって相続の登記をするようになるか

はわかりませんね。

でも、
この制度を利用すれば

相続の手続きの度に
窓口に戸籍の束を提出する必要が亡くなるので、
一度に複数の窓口(法務局や銀行)に
処理を依頼できますし、
銀行で複雑な戸籍を読み解く必要がなくなるので
メリットがないわけでもないですね。

どうせやるなら・・・

いつか、マイナンバーで亡くなった方の
過去の戸籍をすべてひっぱり出せるようになって
戸籍の取得と相続人の図示が不要
になれば
負担も減るでしょう。

そして、
登録免許税が不要になるともっといいですよね。
「資産を持っている人から税をとる」
と言えるような価値のある資産ではない
(「欲しくてもらったわけではない」不動産)
も多いですから。

金看板(建設業許可)

緑ナンバー(運送業許可)

女性の子連れ離婚

岐阜県多治見市三笠町4-41-2 
  コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
TEL:0572-28-1428 

Mail:yell-office@e-mail.jp

エール行政書士事務所
→お問い合わせ
→「エール行政書士事務所」ホーム

【出版のお知らせ】

子どもがいるのに離婚を考える私って
 ダメな母親かな?

離婚を決めたけれど不安でいっぱい

納得して離婚したはずななのに
 なんだか毎日が辛い

そんなあなたのために書きました。

『子どもを育てながら離婚を考えるあなたに贈る 
 子連れ離婚いろは帖
~心から笑える私になるためのヒント~』

→ご購入はamazonから

子どもを育てながら離婚を悩む女性のために書いた
著書『子連れ離婚いろは帖』

Amazon 売れ筋ランキング 離婚分野で第2位

amazonに1,000冊以上ある
離婚分野の紙の本の中
売れ筋ランキング第2位となりました。 
本 > 暮らし・健康・子育て > 恋愛・結婚・離婚 > 離婚
(1,086冊)
(2017/9/1 19:26閲覧)


新聞でご紹介いただきました。

平成29年9月1日(金)
岐阜新聞さん朝刊にて
・本の内容
・本を書いた経緯
・本にこめた気持ち

をご紹介いただきました。

子連れ離婚の専門サイトも運営しています。

→「離婚のおくすり」

→ご相談ネットお申込み

現役シングルマザー×上級心理カウンセラー×行政書士
のあきこ先生による
・本音で話す離婚相談
・養育費を守る公正証書の作成

あなたの不安、一緒に整理します。