3月のブログで書こうと思って待っていた
新制度の情報がなかなか出てこないので・・・

今回は行政書士業以外で私がやってきたこと
【行政関係】のお話です。

「女性の生き方」に関わるもの

平成27年、多治見市に

『多治見市女性活躍会議』

ができたとき、
その委員になりました。

多治見市第七次総合計画という
向こう8年間(当時は平成27年)の市の
方向性を示すものをつくるにあたって、
女性活躍会議から市長への提言を行うことが
ひとつの目的とされ、
2年の期限つきで設置された会議でした。


その流れで

『多治見市男女共同参画推進審議会』

の委員となりました。

こちらは対象を「女性」と限定しておらず
「すべての人が」という考え方ですが、

「すべての人」にはもちろん女性も含まれており、
その中で特に女性に配慮が必要な部分があれば
女性に重点を置いて考えることとなります。

こちらも平成27年から務めさせていただいており、
現在2期目となります。


女性活躍、男女共同参画、
どちらの会議も

(私自身が働きながら子どもを育てる女性であることはもちろん)

女性からの離婚や夫婦関係のご相談の中、
女性の悩み・気持ちに接する行政書士として
参加させていただきました。

子ども(教育・子育て)に関わるもの

実は以前は多治見市民ではなかった私ですが、
娘の入学を機に多治見市に転入し、
多治見市で子育てをするイチ保護者
となりました。

平成29年度からは「教育・子育て関係」にも
関与させていただくことになりました。


多治見市教育推進課の

『多治見市教育基本計画策定市民委員会』

というものの委員を務めさせていただきました。

今の多治見市の「教育基本計画」の期間が
(教育に関わる様々な市の動きの根幹となる)が
今年度で終わるので
次の多治見市の「教育基本計画」を
策定するための会議です。

教育系の審議会に関与するのは初めてで
戸惑いもありましたが
「20年先の子どもたちをつくる」
という市や先生方、その他委員さんたちの
気持ちを感じ取ることができ
この土地で子育てすることに安心を覚えました。

次の計画が平成30年から始まるので
計画をつくるためのこの会議は終了しましたが、

この後、
計画の実行状況のチェック・見直しを行う審議会
にも参加する予定です。
この計画策定のための話し合いに参加した
経験を活かせればと思います。


ほかに

『多治見市子育ち支援会議』

という、学校教育ではなく、
子育て・子育ちの方面での会議の委員も
務めています。

学童利用保護者としてお呼びいただいていますが、
シングルマザーを世に送り出す行政書士としては
この保育園や学童など
子どもの保育・生活に関わるこちらは
子ども目線でなく親目線からも興味深いものです。

いつの間にか・・・

久々に経済社会に戻ってきて5年、

シングルになったときは
「仕事をして娘を育てあげる!」
くらいのことしか考えていませんでした。

「娘のママ」
「イチ働く女性」
であることは変わりませんが、
それだけでは済まなくなってきたようです。

ここまでたくさんの人に応援されてきたから、
きっと娘と自分のためだけに生きるステージは
いつの間にか終わって、
もっと多くのものを視野に入れることに
なったのかな。

著書のご案内

子どもがいるのに離婚を考えるなんて
 私って悪い母親?

離婚したら子どもがかわいそう?

離婚って具体的に何をしたらいいの?

納得して離婚したはずなのに
 なんだか毎日が辛い。

そんな女性のための本です。

【著書】

『子どもを育てながら離婚を考えるあなたに贈る 
  子連れ離婚いろは帖
 ~心から笑える私になるためのヒント~』

→ご購入はamazonから

子連れ離婚サイト

→「離婚のおくすり」

ご面談申し込み

→ご相談ネットお申込み

岐阜県多治見市三笠町4-41-2 
  コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
TEL:0572-28-1428 

Mail:yell-office@e-mail.jp

エール行政書士事務所
→お問い合わせ
→「エール行政書士事務所」ホーム