いよいよ

民泊新法

がスタートします。
(平成30年6月15日から)

ホテルや旅館ではなく、
住宅を使った民泊

本来、お金をいただいて人を宿泊させる行為は
旅館業の許可を得なくてはいけません。

しかし、個人宅で旅館業の許可を得るのは
現実的ではありません。
(ホテルや旅館を想定した法律なので)

旅館業の許可を持たない『民泊』すべてを
『違法』と排除することが
社会的な損失といえるほど、
民泊が将来性を期待されるものに育っていました。

そこで、法律が現実に追い付くような形で
『民泊』に関する法整備が進み、
1年程前に
「住宅宿泊事業法」(いわゆる「民泊新法」)
がつくられ、
今年6月15日から施行されます。

民泊を始めるには

民泊を行うには都道府県知事への届出が必要です。

① 必要な条件をそろえて
② 必要な書類をそろえて
③ 県へ届出
④ 県で書類をチェックして処理が済んだら
⑤ 民泊の営業をスタートできます。

民泊を始めるのに必要な条件はいくつかありますが、
ここでは気になる2項目についてお話しましょう。

条件1、建物について

ホテルや旅館ではなく

住宅

が対象となります。

ここで言う「住宅」とは
どんなものか詳しくお話すると・・・

A,今、実際に生活の本拠として使われている家
B,分譲や賃貸などで入居者募集中の家
C,持ち主や借主がたまに生活の本拠として使う家

です。

Aの「今実際に住んでいる家」
は問題ないでしょう。

Bの「入居者募集中の家」とは・・・

分譲や賃貸で入居者を募集しており
入居がない間、民泊として利用するものです。

民泊事業専用のマンションを所有して
民泊の施設とすることはできません。

「入居者募集」というチラシを作成するだけで、
あからさまに不利な条件で入居者を募集して
実際には応募がこないような状態にしてある場合は
民泊事業専用の住宅であり、
「入居者募集中の家」という実態はありませんので、
民泊を行うことができません。

Cの「たまに生活の本拠として使う家」とは・・・

普段住んでいる家とは
別の家を所有している場合です。

別荘や休日のみ利用するセカンドハウスなどを
イメージしてください。

しくは、相続したものの、
現在は仕事の都合でそこに住むことができず、
将来的にそこに住むことを予定している
空き家などです。

B,Cの説明からわかる通り、
民泊専用の新築投資用マンション
などというものは民泊施設として認めない
ということですね。

あくまで『住宅』で行うのが民泊
他人を宿泊させること専用の物件ならば
旅館業の許可が必要です。

条件2、営業日数の上限について

民泊として人を宿泊させられるのは

年間180日

という制限があります。

1年のカウントは
4月1日正午から翌年4月1日正午まで。
ちなみに、今年は6月15日からスタートしますが、
来年4月1日までの上限は180日です。

2組のグループが同じ日に宿泊した場合あっても
「1日」とカウントします。

こちらもあくまで
他人を宿泊させること専用
1年の半分以上を宿泊事業に使っているのなら
それは民泊ではなく旅館業の許可を
とるようにということですね。

まとめ

この「民泊新法」は

『民泊』の本来の意味から外れ、
行き過ぎた『民泊ビジネス』に発展しないように

という法律です。
あくまでビジネスとして人を宿泊させる行為は
『旅館業』であり、

『民泊新法』ではなく
『旅館業法』の許可を取らなくてはならない
というルールが変わったわけではありません。

参考

<民泊を取り巻く環境についてのブログはこちら>

平成28年4月の改正
旅館業法の一部の規制が緩やかに
http://yell-office.com/info/1479524471
  ↓↓↓
平成29年6月 「民泊新法」の成立
http://yell-office.com/info/1500251020
  ↓↓↓
平成30年6月 「民泊新法」スタート
今回のブログ

<民泊に関するご相談、ご依頼について>
現地調査が必要なので、岐阜県、愛知県、三重県(一部)の対応となります。
ご相談、ご依頼の際には、はじめに地域をお知らせください。

岐阜県多治見市三笠町4-41-2 
  コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
TEL:0572-28-1428 

Mail:yell-office@e-mail.jp

エール行政書士事務所
→お問い合わせ
→「エール行政書士事務所」ホーム

<著書のご案内>

子どもがいるのに離婚を考えるなんて
 私って悪い母親?

離婚したら子どもがかわいそう?

離婚って具体的に何をしたらいいの?

納得して離婚したはずなのに
 なんだか毎日が辛い。

そんな女性のための本です。

【著書】

『子どもを育てながら離婚を考えるあなたに贈る 
  子連れ離婚いろは帖
 ~心から笑える私になるためのヒント~』

→ご購入はamazonから

(子連れ離婚専門ブログ)
→「離婚のおくすり」
(離婚のご面談はネットでお申し込みいただけます。)
→ご相談ネットお申込み