建設業許可の解体工事業に関するお話です。

建設業許可は「建設業許可」というものが与えられるのではなく
「〇〇工事業許可」と、工事業種ごとに与えられます。

解体工事業許可について

平成28年6月、
新たに「解体工事業許可」が新設されました。

それまで解体工事は
「とび・土工」の許可に含まれていたので
「とび・土工」の許可を持っていれば
500万円以上の解体工事を請け負うことができました。

ところが、
解体が「とび・土工」から分離独立する形となったので
「とび・土工」の許可を持っていても
「解体工事」の許可を持っていなければ
500万円以上の解体工事を
請け負うことができなくなってしまいました。

ただし、

この制度改正には【経過措置】があり、
改正のタイミング(平成28年5月末時点)で
「とび・土工」の許可を持っていた建設業者は

改正から3年後の平成31年5月末までは
「とび・土工」の許可で
解体工事を請け負うことができます。
(500万円以上でも)

解体工事業は来年の春までに

現在、「とび・土工」の許可を持っていて
解体工事業を行うのであれば、
来年の春までに解体工事業の許可をとっておきましょう。

すでに建設業許可をお持ちの場合は
許可条件はほとんどそろっていることでしょう。

課題となるのは
【解体工事業の専任技術者を用意すること】
です。

土木施工管理技士に合格している方は
下記の講習を受講することにで
解体工事業の専任技術者となることができます。

 ※実務経験であることも可能ですが、
  実務経験の証明が必要になります。

登録解体工事講習について

全国9都市で講習が開催されています。
近いところでは、名古屋での開催となります。

名古屋で開催される
平成30年度後期の講習についてご案内します。

※解体工事業の専任技術者となる方向けの講習です。
※平成27年度以前の土木施工管理技士(1級、2級)等に合格した方が対象です。

全国建設研修センター
企画推進部(登録解体工事講習担当)
TEL:0042-300-1743
全国建設研修センター
(団体ホームページ)
http://www.jctc.jp/
(講習情報ページ)
http://www.jctc.jp/kaitai/auditabout/jyukou
※講習に関するお問い合わせは
直接主催団体へお願いします。
※許可に関するご質問は弊所にどうぞ。

平成30年後期名古屋開催日程

10月12日(金)満席
11月28日(水)満席
12月 7日(金)満席
 2月 8日(金)余裕あり
 3月 1日(金)余裕あり
 3月 7日(木)余裕あり

アクセス名古屋駅前フォーラム(大名古屋ビルヂング8F)にて
費用:税別7,500円(インターネット申し込み)

講習の後配布される
「登録解体工事講習修了証」は
その後の許可申請時に使用します。
大切に保管しておいてください。

解体工事業を行うなら

「とび・土工」の許可で
解体工事業(500万円以上)を請負うことができる
3年の経過措置は来年の5月末で切れます。
許可は申請を出してから1ヵ月程度はかかります。

解体工事業を行うなら、
そろそろ解体工事業許可取得をご準備ください。

~岐阜県・愛知県の建設業許可、経審なら~

岐阜県で建設業許可をとるなら
・土曜も営業
・実績多数
・経審もOK
のエール行政書士事務所にお任せください。

金看板(建設業許可)専門サイト

岐阜県多治見市三笠町4-41-2 
  コ・ラボ多治見2C
エール行政書士事務所
TEL:0572-28-1428 

Mail:yell-office@e-mail.jp

エール行政書士事務所
→お問い合わせ
→「エール行政書士事務所」ホーム