緑ナンバー(正式には「一般貨物自動車運送事業」)
の許可申請は
弊所の得意分野ではあったのですが、
何年も続けていながらも
1点弱い部分がありました。

運送業の許可を取るための条件のひとつである
「会社が法令違反をせず、適切に運送事業を運営する」
ことの(運輸局側の)判断材料として
「役員が運送業に関わる法令試験に合格する」
というものがあります。

この「法令試験」

・2か月に1回実施されます。
・運送業の許可申請をした後でなくては受けられません。
(何年も前から何度も受けておくということができません)
・会社から役員1人(個人事業の場合は事業主さん本人)しか受けられません。
(「5人くらいで受けに行けば誰かは受かるだろう」ができないのです)
・「これを取らなくては許可がおりない」というものなのに、
誰でも受かる試験ではなく、落ちる人もいます。

申請のお手続きは「代理人」としてお手伝いできますが、
法令試験は「代理人」にはなれないので
役員さんに「頑張ってください」と言い
私は結果のご報告を待つしかない状況でした。

しかし、
一般的な試験ではないので試験対策が出回っていません。
心配している役員さんを見てきました。
何度も落ちてしまい、なかなか許可が取れない会社さんもありました。

そこで・・・

運送業許可の法令試験対策講座を始めました!


お金をいただく以上合格していただきたいので

マンツーマンで受講生さんの速度、理解度、

クセ(どんな問題にひっかかるか、どんな対策をしたらよいか)

を見ながらの講座です。

中部運輸局の管轄内から講座に来てくださるので
(静岡県や愛知県からも来てくださっています)
1日完結型としました。
4時間みっちり行います。

費用は60,000円+税
資料(テキストと問題)付です。

「勉強なんてしたことがない」
「勉強は子どものころから本当に苦手で」
「勉強が嫌でトラック業界に入ったのに・・・」
「夫は運送業経験者ですが、役員とはいえ私は運送業に関わったことがありません」

と言っていた方たちが
講座の間に『目に見えて』変わっていくのです。
前半に解説をして、後半に一緒に問題を解いていると
自ら「〇〇は××だから・・・」と理由までつけて
発言してくださるようになります。

「前回の試験は勉強して臨んだ。
 自信はあったのに、なんで落ちたのかわからない」
という方も何人かいらっしゃいましたが

一緒に問題を解いていると
「どんな問題にひっかかるクセがあるか」
が見えてくるので
「なぜ落ちたか」「自分は何に気を付けなくてはいけないか」
がわかります。

人の変化(成長)を
このように目の当たりにする機会など
普段の行政書士業務の中ではないので
最近の私の中で、すごく楽しいお仕事です。

~無事合格を果たした受講者さんからの声~


法令試験対策講座

中部運輸局5月受験分
・4月 3日(水)13:00~17:00
・4月28日(日)14:00~18:00
・5月 1日(水) 9:00~13:00
いずれも会場はエール行政書士事務所(岐阜県多治見市)
費用 60000円+税

※5月受験用の講座はすべての日程が満席となりました。
※マンツーマンでの講座です。ご希望の方はお問い合わせください。

【お知らせ】
5月1日(水)~5月5日(日)は事務所の電話がつながりません。
お急ぎの方はメールにてお問い合わせください。

エール行政書士事務所

行政書士 鈴木亜紀子

岐阜県多治見市本町5-6-1
 R.office402
TEL:0572-28-1428
FAX:058-203-0977
Mail:yell-offfice@e-mail.jp

→お問い合わせ
→「エール行政書士事務所」ホーム