運送業の法令試験とは~出題範囲は?運行管理者試験と一緒?~

 

 

一般貨物自動車運送事業の法令試験の範囲は

 

①貨物自動車運送事業法
②貨物自動車運送事業法施行規則
③貨物自動車運送事業輸送安全規則
④貨物自動車運送事業報告規則
⑤自動車事故報告規則
⑥道路運送法
⑦道路運送車両法
⑧道路交通法
⑨労働基準法
⑩自動車運転者の労働時間等の改善のための基準
⑪労働安全衛生法
⑫私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
⑬下請代金支払遅延等防止法

です。

 

ザっと13項目。

聞いたことがないものも、

読むのが面倒くさい名前のものもあると思います(笑)

 

 

ちなみに、運行管理者の試験の範囲は

①貨物自動車運送事業法
②道路運送車両法
③道路交通法
④労働基準法
⑤その他

なので、役員の法令試験と重複はしていますね。

 

運行管理者はあくまで

運行管理者になるために知っていてほしいこと

を問う試験ですが、

 

役員の法令試験は

運送業を適正に営むために理解していてほしいこと(まさに法令遵守)

を問う試験です。

 

許可業者としての義務、行政手続きに関すること、ドライバーさんの働き方など、

会社として知っていてほしいことはたくさんありますので

出題範囲は随分と広くなります。

 

 

「運行管理者試験に受かっているから大丈夫」
と思って受験したら見事に落ちました!

とは、よく聞く話ですね。

 

 

一部運行管理者試験で勉強した範囲も重複はしていますが

役員の法令試験の方が断然範囲が広いですよ。

運行管理者試験を最近受けた方でも

別途勉強が必要です。

 

 

一般貨物自動車運送事業の役員の法令試験についてまとめたページはこちら
気になる記事をお読みください。⇒法令試験対策