すぐ「決めつける」バカ、まず「受け止める」知的な人・読んだ本シリーズ43

月曜なので、読んだ本シリーズです。

タイトルを見た瞬間から

読みたい!!

と惹きつけられました。

すぐ「決めつける」バカ、
まず「受け止める」知的な人
安達裕哉・著(日本実業出版)

1,まずは「バカ」の話

筆者によると、

あらゆる人は自分の見えている範囲では

合理的な選択をしているそうで、

バカは人の属性ではなく、考え方の属性。

とのこと。

バカとは与えられた情報に対する姿勢の話で、

知ろうとしないのが「バカ」。

これは特定の脳の働きが起きている状態なので

人は誰でもバカになりうるのです。

(そして世の中からバカはなくならない)

自分の周りの人の顔を想像して

この本を手にとった私も(失礼(笑))

ドキッとしました。私もバカだわ。

2,そして、集団の中にいる「困った人(バカ)」の話

「無能だ」とみなされている人の共通点は、

・仕事の質が低い

・プライドが高い

これ、ものすご~く共感してもらえると

思います。

こういった社員については、経営者や上司は

彼のためにけっこうな時間がかかるのがもったいない。

その時間をほかの有能な人物にかけた方が全体の利益になる。

と悩んでいることが多い。

とはいえ、なんともならない。

技術的なことは教えられるが

プライドが高くて人の言うことを聞かないのだけは

直しようがないのだから

雇ってしまった以上どうにかしたいものの

人の話を聞かない(自分が正しく、他はバカだと思っている)のだから

難しいところですね。

本

3,最後に失礼(礼儀)の話

仮に相手が無能であっても、こちらが正しくても

公然と批判することの代償が高い場合もあるとのこと。

礼儀は重要というドラッガーの言葉が引用されていました。

大義は礼儀を不要にしない。

無作法は人の神経を逆なでする。

人は失礼だと感じる相手の話は聞きたくありません。

仮に正論であっても、

失礼であれば聞いてもらえませんから。

後ろの方のインテリジェンスの話や

議論の話、人々の反応の話など

最後の最後まで面白い本でした。

また読み返そう。

これを読んでたまに自分をチェックした方がいい。

私、バカになってないかな?

って。

■年末年始休業のお知らせ
2022年12月28日~2023年1月4日
弊所では年末年始休業となります。
ご依頼をいただいている案件があるお客様には、
予め現在の進捗と休暇中の連絡先(鈴木携帯)をお伝えしておりますので、
何かご用がありましたら携帯宛にご連絡ください。
はじめてのご相談者様は、この間のお問い合わせについては、
1月5日以降順にお返事してまいります。
ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
経営者、経営者さんと関わる者として
真面目なビジネス系、組織論系、経営論系
・・・に留まらず、小説、学術系まで。
『雑食読書』の鈴木が毎週1冊本をご紹介いたします。
岐阜・愛知・三重・静岡で緑ナンバー(一般貨物)
の許可を取るならエール行政書士事務所にお任せください。
行政書士は『どこも一緒』ではありません。
運送業は運送業の専門家へ。
Share the Post:

関連投稿

上部へスクロール