事業・法令試験対策講座95

 

さて、水曜は、一般貨物運送事業の許可をとるための役員法令試験の過去問解説です。

今週の問題はこちら。

 

 

 (事業)

国土交通大臣が指定をした地方貨物自動車運送適正化事業実施機関は、輸送の安全を阻害する行為の防止その他貨物自動車運送事業法又は貨物自動車運送事業法に基づく命令の遵守に関し一般貨物自動車運送事業者に対する指導を行う。

(貨物自動車運送事業法)

 

正しければ「〇」、間違っていれば「×」をつけてください。

 

答え・・・「〇」

 

(貨物自動車運送事業法第39条)

 

 

知らない単語が出てきて一瞬考えてしまいそうですが、

中身は単純「トラ協が運送事業者さんに巡回指導をしますよ」ということを言っているだけです。

正しいことを言っているので、答えは「〇」

 

「国土交通大臣が指定をした地方貨物自動車運送適正化事業実施機関」が「トラ協(トラック協会)」

 

「輸送の安全を阻害する行為の防止その他貨物自動車運送事業法又は貨物自動車運送事業法に基づく命令の遵守に関し一般貨物自動車運送事業者に対する指導」が「巡回指導」のことです。

 

よく皆さんが「監査」と呼ぶものですが、本物の「監査」は運輸局がやってくるもので、トラ協が来るのは正式には「巡回指導」という名前のものです。

 

「うちトラ協入ってないから関係ないわ」はナシですよ。

国交省が運輸局で回るのは大変だからトラ協に委託しているものなので、トラ協に加盟していようが加盟していまいが、運送業許可業者さんはすべての会社が対象です。

 

  

【年末年始休業のお知らせ】

令和5年12月27日(水)~令和6年1月4日(木)

弊所では年末年始の休業となります。

この間に御用の方は、鈴木の携帯宛にご連絡ください。

なお、メールでのお問い合わせは1月5日から順にお返ししてまいります。

 
 

緑ナンバー(一般貨物)の許可を取るなら
エール行政書士事務所にお任せください。
どこの事務所も一緒ではありません。
運送業は運送業の専門家に。

法令試験対策講座の単発のご依頼もOKです。
マンツーマンなので受講者さんの
苦手・クセに寄り添って合格へサポートします。
テキスト、条文集、過去問解説をお持ち帰りいただけます。